強歩行大会

昨日、強歩行大会が実施されました。

唐八景、市民の森を通り抜け、悪所岳を折り返してくる全長15kmアップダウンの非常に激しいコースです。

サッカー部員は意欲的に取り組み、主将が所属するチームの第1位をはじめ、ほとんど全員が上位に食い込む力走を見せてくれました。

昨年度の優勝チームもサッカー部員が引っ張ってくれており、良い伝統として後輩達にも引き継がれているのだと思います。

もちろんクラス単位のチーム編成なので、走ることが不得意であったり、時に怪我や体調不良者が出ることもありますが、最後まで伴走して完走することにも大きな意義があります。その点でもサッカーを通じて培ったチームワークを発揮してくれたことでしょう。

明後日から新人戦予選が再開されます。初戦を落としているチームとして勝利にこだわって全員で戦い抜きたいと思います。

チェックポイントA、烏帽子岩からの眺めです。